子どもの権利条約を指針として、子どもが抱える
課題・困難を解決するための活動を展開しています。

10代の子どもの居場所づくり

大阪市旭区の市営高殿西住宅に当協会が10代の子どものための居場所として、ティーンズスペース、ごはんの会(子ども食堂)、フリースクールを開設しています。
住所 大阪市旭区高殿3-32 大阪市営高殿西住宅1号棟110号

ティーンズスペース

10代の子どもたちが安心してゆっくり時間を過ごすための場「ティーンズスペース」。宿題・勉強がしたい、本を読みたい、ゲームがしたい…など子どもたちがそれぞれの時間を自分なりに過ごせるよう、スタッフがいつも寄り添います。

対 象
小学4年生~高校生(利用料:無料)
利用日時
水曜日(祝日は休み)小学4~6年生:15時30分~18時 中学生:16時~19時
利用方法
当会にご連絡のうえ、見学にお越しください。

ごはんの会(子ども食堂)

旭区役所や旭区社会福祉協議会、地域の方々などにもご協力いただき、毎回和気あいあいと、メニューづくりから調理、食事を楽しんでいます。

開催日時
毎月 第3土曜日 原則 11:00~17:00

フリースクール 旭自由学院

何らかの理由から学校に行くことができない、行かない、行きたくても行けない…という子どもたちに、学びの場を提供しています。

対 象
中学生・高校生・高卒認定試験・大学入試に向けて学習する者
開設日時
月・木曜日(祝日は休み)、学習時間10:00~15:00
昼食・休憩12:00~13:00、放課後15:00~17:00
授業料
月額18,000円(税込) 入学金5,000円(税込)
体験期間(2日間無料)を設けています。
利用申込
当協会までご連絡ください。担当:中井

詳細を見る

こども相談センター不登校児童通所事業

大阪市から事業を受託し、不登校状態の小・中学生に対し、再登校を含む社会的自立を支援することを目的として、学習支援や心理治療、集団活動、体験学習などを提供し、必要な資質・能力を育成し、こども自身に内在する力の向上を図っています。

対象は、不登校等の課題を抱える小・中学生。ただし、大阪市こども相談センターの教育相談を経て、通所事業への参加が最適であると考えられ、かつ通所事業への登録を希望する方となります。相談内容の秘密は厳守されますので、まずは一度、こども相談センターへお問い合わせください。
こども相談センター総合窓口 電話 06-4301-3100 相談時間 9:30~17:30 土日祝日は休み

サテライト住吉

開設場所
住吉区民センター(住吉区南住吉3-15-56)
開設日時
月・水・金・土曜日 10:10~16:00

サテライト住之江

開設場所
もと住之江児童館内(住之江区中加賀屋2-17-1)
開設日時
火・水・金・土曜日 10:10~16:00

東淀川こどもの居場所運営に関するアドバイザー業務

東淀川区では、こどもたちの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないよう、またすべてのこどもたちが夢と希望を持って成長していけるよう、地域における「こどもの居場所」や「学習支援の場」の新規設置・内容充実のサポートを始めています。2017年4月より東淀川区より委託を受け、地域で「こどもの居場所」を運営されている団体、これから活動を始めようとされている方たちのサポートをすすめています。

ひがよどっこ「こどもの居場所」情報発信サイト

大阪市子ども自立アシスト事業

中学生及び高校生世代(未進学者・中退者)がいる家庭に対し、子ども自立支援員が、親子の進学意識を高め、高校への進学に向けたカウンセリング等の支援を行ないます。 現在、北エリア(北、都島、福島、淀川、東淀川、旭区)を受託しています。

↑ PAGE TOP