子どもが当たり前に育つ社会を目指して

関西こども文化協会は、事業を通じて子どもと親をサポートするこで、子どもと親のどちらにもプラスになる循環を作っていきます。そして、この循環を広げながら、子どもたちが当たり前に育つ社会を目指しています。

事業の案内

当協会は子どもと親のサポートのため次の事業を行っています

相談事業

いじめ、不登校、児童虐待などの問題に悩む子どもや保護者を対象に相談事業を行っています。

詳しくはこちら
LINE相談

子どもたちが気軽に相談できるように、LINEを使った相談事業を行っています。

詳しくはこちら
子ども支援事業

不登校状態の小・中学生に対し、集団活動や体験活動の機会を提供し、再登校等を支援しています。

詳しくはこちら
居場所づくり

10代の子どものための居場所として、ティーンズ・スペース、子ども食堂を実施しています。

詳しくはこちら
子育て支援事業

つどいの広場は3歳未満の子どもと保護者の方が安心して過ごすことができる場所です。子育ての相談もしていただけます。

詳しくはこちら
研修事業

放課後児童クラブは「放課後児童健全育成事業」として位置づけられ、放課後児童支援員認定資格研修が始まりました。

詳しくはこちら